オマーン, パナマ, ミャンマー, 本日はみなさまの国家的記念日です。EDIT ではみなさまのご多幸をお祈り申し上げます。
flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag flag
EDIT:あなたのプロフェッショナルな翻訳パートナーです。
[email protected]
FIFTEEN SHADES OF GUITAR Facebook Youtube
全世界での祝日やお祝い

インド (アッサム) - 1970年から2070年までの世界の祝日

link

1970年から2070年までの世界の祝日(銀行休業日含む)カレンダー for インド (アッサム)




通貨: Rupee (INR) ... ココで換算
週末:土曜日と日曜日

これらの言語を翻訳する必要があれば:
英語 (47 カ国で 3 億 5000 万スピーカー), ベンガル語、アッサム語 (1.8億スピーカー), ヒンディー語 (2億スピーカー), パンジャブ語 (85百万のスピーカー), タミール語 (5500万スピーカー), テルグ語(70百万のスピーカー) ...
Edit までご連絡ください



日付 種類
冬休み(終了)**2022 1月 月曜日 3上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
ポンガル*2022 1月 金曜日 14ヒンズー教 
共和国記念日*2022 1月 ?曜日 26世俗的な休日 
ミーキダムキミーキファイ*2022 1月 月曜日 31ヒンズー教 
ディーパバリ*2022 11月 金曜日 4ヒンズー教 
銀行休業日2022 11月 土曜日 5銀行は閉まっている 
バトリ・ドウィティヤ*2022 11月 日曜日 6世俗的な休日 
銀行は営業中2022 11月 日曜日 6銀行は閉まっている 
達人ナナク記念日*2022 11月 土曜日 19シーク教 
オリモ、ホミンネユ**2022 11月 日曜日 20ヒンズー教 
ラシットディーヴァ*2022 11月 木曜日 24行事、お祝い... 
アソム ディーヴァス*2022 12月 金曜日 2行事、お祝い... 
冬休み(始め)2022 12月 土曜日 24上記の銀行休業日に加えて学校休み(地域により異なります) 
クリスマスの日*2022 12月 日曜日 25カトリックやプロテスタント 

冬休み(終了) -
2022 1月 月曜日 3

学校の休み : Http://sebaonline.org/
https://scert.assam.gov.in/
International schools may follow a different calendar
Official State calendar
Schooling is mandatory till age 14
Teaching languages: Assamese, Bodo, Bengali, English
schools work on Saturday
school uniforms required
Final exams take place after school leave in December

Dates confirmed till Feb 2022

Please note that authorities may take last-minute decisions; please double-check if this information is vital to you
Make a Paypal donation of euros 10 to [email protected] to get full list of Assamese schools
Contact [email protected] to purchase a file containing confirmed calendars of 550 countries and regions.


ポンガル -
2022 1月 金曜日 14

ヒンズー教 : Celebration of the harvest, which is observed for three days: Bhogi Pongal, Surya Pongal and Mattu Pongal. A colourful and traditional festival with many a ceremony devoted to various deities and cattle races.


共和国記念日 -
2022 1月 ?曜日 26

世俗的な休日 : It was the Lahore Session of the Indian National Congress at midnight of December 31, 1929 - January 1, 1930, that the Tri-Colour Flag was unfurled by the nationalists and a pledge taken that every year on January 26, the Independence Day would be celebrated and that the people would unceasingly strive for the establishment of a Sovereign Democratic Republic of India. The professed pledge was successfully redeemed on January 26, 1950, when the Constitution of India framed by the Constituent Assembly of India came into force, although the Independence from the British rule was achieved on August 15, 1947. It is because of this that August 15 is celebrated as Independence Day, while January 26 as Republic Day. www.indiaa2z.com


ミーキダムキミーキファイ -
2022 1月 月曜日 31

ヒンズー教 : Celebrated by the Ahom people in memory of the departed. It is the manifestation of the concept of ancestor worship that the Ahoms share with other peoples originating from the Tai-Shan stock. It is a festival to show respect to the departed ancestors and remember their contribution to society. [Wikipedia]


ディーパバリ -
2021 11月 木曜日 4

ヒンズー教 : The Light festival starts with festivities. The week celebrates 1.Dhanteras, 2.Kali Chaudas, 3.Deepavali, 4.Navu-Varsha (new year), 5.Bhai-beej. The Vai cast is mainly concerned. May last several days


銀行休業日 -
2021 11月 金曜日 5

銀行は閉まっている :


バトリ・ドウィティヤ -
2021 11月 土曜日 6

世俗的な休日 : ミチラの兄弟姉妹の祭り。兄弟は姉妹の家を訪れ,彼女から祝福を受けます。姉妹は兄弟の到着まで断食を観察し、彼女はまた、彼女の兄弟のために食べ物を準備しました。


銀行は営業中 -
2021 11月 土曜日 6

銀行は閉まっている :


達人ナナク記念日 -
2021 11月 金曜日 19

シーク教 : 移動先: 案内、 検索 グル・ナーナク(ਗੁਰੂ ਨਾਨਕ, 1469年11月5日 - 1539年9月7日)は、シク教の教祖にして初代グル(尊師)。シク教では、歴代グルの全員がグル・ナーナクの聖性と宗教的権威を継承していると考えられている。グル・ナーナクの誕生日には、各地でお祭りが行なわれる。


オリモ、ホミンネユ -
2022 11月 日曜日 20

ヒンズー教 : Namami Barak festival in Cachar, Hailakandi and Karimganj


ラシットディーヴァ -
2022 11月 木曜日 24

文化 : アホム王国の指揮官であるラチット・ボルフカン(Lachit Borphukan)は、ムガール軍による攻撃を含む1671年のサライゲット戦と戦った。


アソム ディーヴァス -
2021 12月 木曜日 2

文化 : 1228年にアホム王国を設立し、1228年から1268年まで君臨した最初のアホム王スカプハーを祝うアホム王国は600年近く存在していた


冬休み(始め) -
2021 12月 金曜日 24

学校の休み :


クリスマスの日 -
2021 12月 土曜日 25

カトリックやプロテスタント : Since pre-historic times in Europe, festivities (bonfires, offrerings) were marking the beginning of longer hours of daylight with fires and ritual. The Roman festival of Saturnalia lasted several days in December (gambling and offerings). \"Jesus of Nazareth was probably born in springtime. But in the 4th century, December 25th was chosen for the celebration of his birth by Pope Julius I. Thus, a Christian element was introducedin the long-established mid-winter festivals. \"